車値引き購入どっとコム

10万キロの中古車査定はどれくらいになるの?

10万キロの中古車査定はどれくらいになるの?

車の買い替え時期の1つとして、10万キロの走行距離があります。
これはベルトの交換というものがあり、車検が高くつきますのでそのタイミングで買い替えを考える方が多いためです。
では10万キロの車の中古車査定は一体どれくらいになっているのでしょうか?
こちらのサイトにも掲載されています。
>>大阪 車買取

 

これは車種や車の状態によって全く異なってきますが、やはり10万キロでベルト交換をしていない常態での中古車査定となると、査定金額は低くなります。
ベルト交換を買取業者が行う必要があるためです。
よって、本来の価格よりも下がる可能性が高いと思っておいた方が良いでしょう。

 

しかし、最近ではベルトがチェーンになっていて、交換が必要ない車もあります。
そういった車になると、10万キロの車であっても、問題なく高値の中古車査定になる可能性もあります。
例えばトヨタのプリウスは、10万キロ以上の車であっても高値で買取ってくれます。
ベルトではなくチェーンということと、エンジンの兼ね合いでまだまだ大丈夫だからです。

 

中古車査定は、販売するにあたってかかる費用が安く済むものであれば高値がつきます。
結局は買い取って販売するにあたっての利益が多ければいいのです。
その点を考えると、自ずと自分の車の売り時も分かるのではないでしょうか?

関連ページ

暖機運転は必要か?
値引き購入の極意、お伝えします
新車購入時の値引きの限界額を知る方法
値引き購入の極意、お伝えします
ホーム RSS購読 サイトマップ