車値引き購入どっとコム

基本知識

インターネットで、車を売る事に関する質問を投稿している方々はとても多いです。特に目立つのは、買取の業者選別に関する質問ですね。どの業者であれば高額売却になるかとの質問は、本当に多いのですが。

 

例えば、次のような質問もあります。ある方が日本北部の地域にて、買取業者を探しているのだそうです。もちろんその方としては、少しでも高く売却したいと考えています。どの業者であれば高く買い取ってくれるかという質問がありました。

 

ただそれには1つ条件があって、その投稿をしている方は勧誘を敬遠しているようです。なるべくしつこい営業をしてこない業者が好ましいと、投稿なさっていました。
という事は、その方の場合は過去に車買取業者から勧誘を受けているのかもしれませんね。確かに買取業者によっては、ちょっと執拗な勧誘を行っている事もあるようです。

 

上記の方におすすめのサイトは、3つありますね。例えば、一括査定.comというサイトがあります。いわゆる一括査定のサイトの1つですが、参加している企業に特徴がありますね。JADRIという団体に加入している業者に対してのみ、査定を依頼する事ができるのです。その団体の会員の場合は執拗な勧誘を行う事はできませんので、上記の方には最適だと思います。

 

また査定バンクとオファーズという一括査定サイトもおすすめですね。その2つの一括査定サイトの良さは、電話での勧誘が行われる事はまずない点です。前者の査定バンクの場合は1回のみ査定が行われますが、勧誘が行われる事はまず無いでしょう。そもそも業者に対しては、売却が決定するまで個人情報が流れないからです。オファーズもほぼ同様です。ですので上記の方にとっては、一括査定.comと査定バンクとオファーズの3つがおすすめです。

続きを読む≫ 2014/12/11 00:09:11

自動を売却する時には実は、色々な費用がかかるのはご存知だったでしょうか。全て、業者さんが出してくれるという訳ではありません。様々な部分でどうしても、費用がかかって来ますので、そこはきちんとチェックしておく必要があるのではないでしょうか。

 

どのような費用がかかるのかというと、例えば名義変更の費用がかかって来るのです。軽自動車の場合ですと、軽自動車検査協会の管轄を移転する場合があります。その場合は、ナンバープレート代金が必要になって来ますし、取得税で数万円がかかる場合もあります。ただ、取得税の場合、新車や、新車に近い自動車の場合だけです。

 

名義変更の申請書は、三十五円ぐらいなのですけれども、住民票や、印鑑証明書等のお金もかかるでしょう。そして、軽自動車税としては年間7200円がかかってしまいますし、車庫証明が必要な場合もあります。その場合は収入印紙代金がかかって来るのです。

 

普通車と軽自動車のかかる費用は少し違います。例えば五十万円以上の普通の場合ですと、自動車取得税がかかって来るのです。これは新車価格と、計年数から計算される事になります。こういった部分もしっかりと確認を取っておく事が重要になって来るのではないでしょうか。
MRワゴン 下取り

 

続きを読む≫ 2014/06/03 17:43:03

自動車の査定で大切になって来る物としては、査定をしてくれる人との交渉なのです。
この交渉次第では、価値の無かった自動車でも高値は無理かもしれませんが、値段が付く場合もありますので、そこをきちんと考えて交渉に挑まなければならないでしょう。

 

車の買取をしてくれる査定士野方なのですけれども、本当に様々な自動車を見て来ていますので、本当にプロ中のプロと言っても過言では無いのです。

 

プロと対等にやりあう為には、自分もプロにならなければならないのですけれども、それはなかなか難しい事ですよね。
だけれども、少しでもあ相手の気持ちを揺るがせる事は出来るのではないでしょうか。
マークX 査定

 

例えば、アピールポイントを積極的に伝える事は大切になって来るでしょう。
実際の所、そういったアピールは何か嫌だなと感じる方もおられるかもしれませんが、それですと、査定士の言い値のままで買取をされてしまう可能性が出て来てしまいます。
それは、やはり防がなければならないのではないでしょうか。

 

例えばアピールポイントとしては、オプションがあるならばオプションの充実をアピールすれば良いのではないでしょうか。

 

他にも、綺麗に使っていた事をアピールするのも良いでしょう。そうする事によって相手を少し揺らがす事が出来るのです。

 

続きを読む≫ 2014/04/29 00:07:29

車の買い替え時期の1つとして、10万キロの走行距離があります。
これはベルトの交換というものがあり、車検が高くつきますのでそのタイミングで買い替えを考える方が多いためです。
では10万キロの車の中古車査定は一体どれくらいになっているのでしょうか?
こちらのサイトにも掲載されています。
>>大阪 車買取

 

これは車種や車の状態によって全く異なってきますが、やはり10万キロでベルト交換をしていない常態での中古車査定となると、査定金額は低くなります。
ベルト交換を買取業者が行う必要があるためです。
よって、本来の価格よりも下がる可能性が高いと思っておいた方が良いでしょう。

 

しかし、最近ではベルトがチェーンになっていて、交換が必要ない車もあります。
そういった車になると、10万キロの車であっても、問題なく高値の中古車査定になる可能性もあります。
例えばトヨタのプリウスは、10万キロ以上の車であっても高値で買取ってくれます。
ベルトではなくチェーンということと、エンジンの兼ね合いでまだまだ大丈夫だからです。

 

中古車査定は、販売するにあたってかかる費用が安く済むものであれば高値がつきます。
結局は買い取って販売するにあたっての利益が多ければいいのです。
その点を考えると、自ずと自分の車の売り時も分かるのではないでしょうか?

続きを読む≫ 2013/12/26 20:47:26

新車を購入するにあたって、限界まで安くしてほしいものですよね。
しかし、どのくらいが限界の価格なのか、こちらとしてはそれが分からないので、
どこで手を打てばいいのか、どのあたりで値引きを諦めればいいのか。
それが分からなくて困りますよね。
ただ、これって相手の行動で分かるケースが多いんです。
そのことについて説明していきましょう。

 

まず、限界額ギリギリの切羽詰った商談をしている時、
必ずその営業マンの上司が商談ルームに来て、商談を交代します。
上司とは店長以上ですね。
経験上、店長以上が商談を変わりにきたら、99%ギリギリの商談だということです。

 

逆に、ちょっと上司と話し合ってきますね〜
なんていって、奥に消えていってそして、そのまま担当者が変わらず戻ってくる、
これはまだまだ値引きしてもらえる状態です。
どんどん攻めましょう。

 

担当者をしっかり観察して

 

さらには戻ってきた担当者がタバコくさい。なんてこともあります。
このケースは、余裕の商談だと思われています。
切羽詰った状況でたばこ吸っている余裕なんてでませんし、ましてや上司との相談中に
タバコを吸う営業マンていると思いますか?いませんよね?
ですので、このケースもまだまだ値引きしてもらえます。

 

ただ、必ずしも、切羽詰ったぎりぎりの商談だからと言って、
上司がくるわけではありません。
やはり店舗の忙しさにもよりますし、上司よりも実力もった敏腕営業マンがいれば、
その人に変わる可能性だってあります。
ましては最初の担当者がその店舗で一番の実力者だったなら、担当者の変更はないでしょう。

 

上記の話は、あくまでも私の経験則による統計です。
参考程度に留めておくと良いでしょう。

 

値引きに関してはこちらのサイトにも詳しく話しが書いてありますので、ご覧ください。

続きを読む≫ 2013/10/31 22:53:31

昔はよく暖機運転をするよに。
と教習所等で言われていましたが、最近では言われていないようですね。
昔の考え方だと、暖機運転は当たり前のことだったのですが、
今は車の性能の向上とともに、そんな考えがなくなりつつあります。

 

だからと言って、暖機運転が必要ないわけではありません。
車は機械ですが、やはり準備運動というのが必要になります。

 

人間を例にしてみましょう。
準備運動もしないで、いきなり全力疾走してみてください。
絶対にケガをしますよね?
アスリートならなおさらです。

 

なぜなら、調子のいいときの体の使い方を体が覚えてしまっている。
または脳で無意識的に計算してしまっているからです。
ですので、筋肉や、腱などがほぐれている時にだせる出力を、
出そうとします。

 

もちろん準備運動をしていないので、最高出力のパワーを出せるときとは
筋肉などの状況が違うわけです。
それでその最高出力をだそうとすると体がついていけませんよね?
それで肉離れなどのケガをしてしまうんです。

 

車と人間の構造は同じ

 

これって車もおんなじなんですね。
エンジンがあたまっていない状態で、いきなり走ろうとすると、
車に負荷を与えることになります。
いわば筋肉がほぐれていないときに、無理やり最高スピードを出そうとするのと同じです。
これは性能のよくなった今の車もです。

 

そしてその負荷を与える行為が、
車の燃費を悪化させますし、各機関の寿命を削ってしまいます。

 

ですので、暖機運転っていつまでも必要なものなんですよね。
これが理解できた方、是非明日からでも暖機運転をするようにしましょう!

続きを読む≫ 2013/10/14 23:42:14
ホーム RSS購読 サイトマップ